ガイガーカウンターレンタル

当サイトについて

弊社貸し出しガイガーカウンターの仕様

当店ではレンタル用に2種類のガイガーカウンターをご用意しております。
ガイガー管方式のSOEKS-01Mとシンチレータ方式のDoseRAE2です。
空間線量の計測はガイガー管よりもシンチレータのほうが正確に計測できます。
ただ、シンチレータはβ線の計測が出来ないため、土壌やアスファルトなどの表面汚染の計測が出来ません。
空間線量を細かく正確に計測するならDoseRAE2、空間線量や表面汚染などをある程度正確に計測するならSOEKS-01Mをお選びくださいませ。

SOEKS-01M
DoseRAE2
計測方式
GM管
シンチレーション
計測できる
放射線の種類
β線、γ線
γ線
1日間の料金
2980円
3980円
2日間の料金
3980円
4980円
3日間の料金
4980円
5980円
4日間の料金
5980円
6980円
5日間の料金
6980円
7980円
6日間の料金
7980円
8980円
7日間の料金
8980円
9980円

SOEKS-01Mは、ロシア製のガイガーカウンターで、心臓部のガイガー管には、人気ガイガーカウンターのRADEXやTERRAと同じものが使われています。中国製の小型ガイガー管を採用した旧型のSOEKS-01とは別物です。また、バージョンはAL以降で平均化処理が出来るため、バージョン1.7までのSOEKS-01Mと違い、完全に実用に耐える製品となっております。

DoseRAE2は、東京都江戸川区などが貸し出し用に採用するなどの実績のある機種です。シンチレーション方式で正確な線量の計測が出来ます。


どちらを借りればいいのでしょうか?

基本的には安いSOEKS-01Mで問題ありません。
福島以外の低線量の地域では、ガイガー管のSOEKS-01MよりもシンチレータのDoseRAE2の方が正確に測れます。ただ、SOEKS-01Mも大幅に違う数値を出すわけではありませんので、安全の確認のためでしたらSOEKS-01Mの数値で十分です。